絵が上手くなるまでは死ぬもんか!

40代から目指すイラスト副業生活

ブログタイトル

にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
にほんブログ村

【2年目突入】1年間やってきた絵の勉強法の良い点・悪い点

初見の皆さん、はじめまして!読者の皆さん、お疲れ様です!しらみずカエです😊

サポートキャラのモノカです。しらみずさん、ブログ開設から1年が経過しましたね!お疲れ様でした!

ついに来てしまいましたね、開設1年という節目が…😭

これは何より読んでいただいている皆さんのおかげです😆ありがとうございます😭

今回はこの1年を振り返り、私がどのような絵の勉強をしてきたのか?何が効果的だったか?これについてお話しできればと思います。

今日も話は長めです😓すみませんが、最後までお付き合いいただければ幸いです😌

 

**********************************************************************************************

【目次】

**********************************************************************************************

 

【2年目突入】

1年間やってきた絵の勉強法の良い点・悪い点

 

1. ブログ開設の目的

40過ぎの私に「絵が上手くなりたい!」と本気で思わせてくれたのは、焼まゆ先生でした。

そんな焼まゆ先生のこの動画には、強い影響を受けました ⤵


www.youtube.com

動画の中で焼まゆ先生が言うように「練習するな!本番だけをやれ!」を実行するためにも、「自分の絵を他人に見せる必要があるな…」と考え、慎重派の私ですが「とりあえず深く考えずやってみよう!」と勢い任せで人生初のブログ、そして初めて自分の絵を他人に晒す事を始めました😅

↓ こちらは一番最初の記事です。

kae-shiramizu.hatenablog.com

なんと!一番最初の記事がマンガという奇行ぶり😅

絵のクオリティーもヤバいですね💦まだ色の塗り方も知らない頃でした😅線画にも自信の無さが伺えます😓

最後に「現実に続く」と書いてますが、納得いく実力には程遠く…、まだまだ死ぬわけにはいきませんね😅

 

 

2. 挑戦をコンセプトにした取り組み「挑むシリーズ」

先ほどの焼まゆ先生の動画でも言っていたように、「手癖で描けるものだけを描いても上達しない!」という言葉を真に受け、描けないものにチャレンジし続ける「◯◯に挑む」というコーナーを設けて、自分なりに挑戦と本番を繰り返してきました。

主に苦手な構図に対して挑戦していくというコーナーだったのですが、学びとしては結構良かったと思います😊

【挑むシリーズのメリット】

1. 何に挑むか?課題を決めることが大事

上手く描けないものを課題にする事は大事でした😊

課題に沿った構図をイメージして「上手く描けるか不安だな」と感じるぐらいのモノを描くように心掛けました。その方が資料を必然的に見る事になるので😅

でも、それでいいんだと思います😊

まず自分の感覚で描いてみて、用意した資料と比較して「おかしいな?」と感じたら描き直す。違和感の気付き→インプット→即実践で「なるほど!」とすぐ感じる事が出来たのは良かったです😊

あとは「この絵は作品として人目の付く所に飾るんだ!」と、本番を意識して完成させました。

上手く描けないぐらいが当たり前なので、素直に資料を見てしっかり学べたと感じられましたね。

2. 冷静に見つめ直すために必要な「自己添削」

作品が完成したら、一晩寝かせて新鮮な気持ちで自分の絵を見つめ直すようにしました。一人で絵の練習している以上、第三者の眼は存在しないので自分自身を他者の眼にするために必要な事です。

ここで今回のどこが上手く描けなかったのかを第三者目線で考えて分析します。

具体的に「どこがどうダメなのか?」を説明できなければ、次も同じ失敗をし兼ねます。徹底的に自分の絵をイジメてましたね。

3. 説明するように記事にしていく事が大事

誰かに何かを説明する時、ちゃんと説明するためにはその物事に対してある程度の理解が必要ですよね?

ここでブログの記事として誰かに説明できれば、自分の絵の良い点・悪い点について理解できているかの確認に繋がります。

さらに「こうすれば良かったかも」とひと言説明できれば、次回の時に活かせると思います。

 

毎回プランを立ててから、課題に向かって失敗・インプット・実践をひたすら連続。

最後は観察・記録と、次回に繋げられるような練習法だったので、しっかり学べたのではないか?と感じました😄

 

【挑むシリーズのデメリット】

個人的にあまりデメリットは感じなかったのですが、強いて言えばひと作品に時間がかかり過ぎる点でしょうか?

これはしょうがないのと思うのですが、初心者が描き慣れてないモノを一生懸命描こうとするので、何度も描き直したり資料を調べ直したりするため、どうしても作品を仕上げるのにかなり時間が掛かります😩

あまり時間をかけすぎると絵に対するモチベーションも下がってしまうので、たまに「お?上手くなってきたな😄」と自惚れてみたりメンタルコントロールは必要だと思いました😅

しかし実際は、描けなかった表現が描けるようになっていくのがホント楽しかったので、時間がかかっても気にする必要はなかったですね!

 

 

3.絵を勉強する上で、特に大事にしていた事

1. 知りたい欲求のままに学んでいく

この気持ちがないと、ただの勉強になってしまう気がしました。私、勉強は大嫌いなので敏感です😅脳がちゃんと楽しんでいるか?退屈してないか?これは本当に大事な事だと思いました。

「何でこうなるんだろう?こうするとどうなるんだろう?」と、常に自分の絵に疑問を投げかけて、「そっか!なるほど!」と思う事が知識として記憶に残ると思います。

これは他の習い事でも同じですかね?記憶力ではなく理解力で頭に詰め込めば、頭の中のパズルが繋がる瞬間が来ます。それが学びの楽しさではないでしょうか?

 

2. 才能という言葉を、この世から消す

絵を描くようになってから、この言葉を使わないように気を付けました。

「自分は才能あるな」と自惚れてサボってみたり、「自分には才能ないな」と落ち込み過ぎてしまったり、この言葉を使うと振り回され過ぎて疲れます。

また、絵が上手い人の作品を見て「才能ありますね」って、それ誉め言葉じゃないと思うんですよ。

きっとその絵が上手い人の作品も「才能」ではなく、何万時間・何億時間と練習してきた「努力の結晶」のはずなんです。私は絵の上手い人の作品を見て、その人の努力を褒め称えたいです。

そう考えられたら、もうこの世界に才能って言葉は必要なくなります。

逆に才能という格差はなくなるので、努力さえ積み重ねられれば、辿り着けない道のりではないはずです。

目標へと間違いなく繋がっている道。なんとなく頑張れそうじゃないですか?😊

他にも「自分の人生に課金する」という考えで、色んな上達本や資料、道具などを買い揃えましたね。この投資分は、必ず絵で稼いで取り返したいと考えてます。

 

 

4.2年目の活動方針

さて、2年目こそは仕事に繋げていきたいとも思うのですが~…

まだまだ修行していきます!😅

え…!?、ちょっと臆病すぎませんか?

すみませんね~、私は本当に臆病なもので…😓

ただ、この先を見据えてやっておきたい事が出来てしまいましたので…。

まあ、しょうがないですね😅知りたい欲求のままにやりましょう!

 

【2年目の目標】10年後を見据えた基礎作り

前回の添削依頼の絵を描いている時から、「これが終わったらこれやりたいな~」と悶々と過ごしてました。ついに今春に取り掛かれるチャンスが来たわけです😊

 

1. 【やりたい度 100%】オッサンはデッサンを習いたい

私は自分の絵の硬さがホント嫌いで、もっと生き生きとした柔らかいキャラクターを描きたい!しっかり人体をコントロールしたい!と日々思っていて、最近は美術解剖学にも興味が出てきました。

最近読んでいるのはこちらです。この本、とても読み易くて楽しいんですよ!辞書みたいな分厚さですけどね😅 ⤵

しかし、人体について理解しても表現が上手くなるとは限りません。

で、色々考えて辿り着いたのが「デッサンを習う」でした。

デッサンは一人じゃ正確な捉え方が難しそうだと思ったので、いっそ誰かに習ってしまえ!と思いつき、意を決して習う事にしました。

最初はユーキャンのデッサン講座が値段も手ごろだったので良いな~と思っていたのですが…💦

妻が「中途半端だと後悔するよ!」と、地元の絵画教室を探してきてくれたので、とりあえず近日中に体験入学行ってきます😄(結構良いトコらしい)

まあ月謝はなかなかのお値段なんですけどね…💦なんと!妻が少しサポートしてくれるようです😂妻よ、ありがとう!😭(どこまで私の実力を過信してるんだろうか…😓)

何にしても、デッサンを習うのは絶対やりたいですね!これについてはまたレポートしたいと思います😊

 

2. 【やりたい度 100%】オッサンは色彩検定に挑みたい

※こちらはイメージです

この挑戦も必ずやります😆

これも妻のおかげなのですが、妻が通信教育で簿記試験に合格しました。合格すると2講座目は無料になるらしく、私が前々から気になっていた色彩検定を受けさせてもらおう!という事になりました😊なんと言っても色の知識が無さ過ぎるので…😓

色彩検定は主にアパレル関係の人が持っていそうなイメージですが、イラスト描く人が持ってたって不思議じゃないと思います。やっぱ色に携わっているし😌

色彩検定飛び級が出来るので、基礎の3級を飛ばして、より実践的に使える2級を目指します!!(2級には3級の知識も含まれます)

が!、色彩検定は上期の6月、下期の11月と年2回。受験料は10000円と失敗は許されない金額😓

とりあえず上期は勉強時間が無さすぎるので、下期に向けてじっくり勉強したいと思います😊

 

3. 【やりたい度 80%】イラスト最速上達法に挑みたい

naokisaito.booth.pm

とくに最速でなくても良いのですが…😅

この本、例のさいとうなおき先生の「3か月上達法」をまとめた本です。

この練習法の特徴として必須なのが、「好きな絵柄を一つだけ選ぶ」なんですが、私は様々な絵柄に目移りしてしまうタイプなんです😅

しかし、この長い間悩んできた「絵柄を絞る」という事に、そろそろ決着が付きそうなんです😊

つまり、この苦しくツライ3か月に挑めるチャンスがやって来たわけです!やってみたかったんですよね~😆ドキドキもしますがワクワクもします😆

ただ、この本によると「デッサンなど、他の練習と併用はしない方が良い」と書いてあったので、とりあえず取り掛かるのは後半ですね。まだ完全に絞り切れていないのもありますし😅ゆっくり考えて取り掛かれればと思います。

 

他にも、もう少し時間を作るためにも一枚の完成作品ではなく、描き方の研究として落書きぐらいのクオリティーで色々描いてみたり、色んな作品に触れるためにも2次創作もしていきたいですね😊

また、デッサン・解剖学・色彩学などは、1年学べば身に付くようなことではありません。この先を見据えて、どう日常的に練習を取り入れられるかが重要です。それを踏まえて2年目を過ごしましょう。

 

 

**********************************************************************************************

まとめ

今日も長々とすみませんでした😓お付き合いいただき、ありがとうございます😊

最後にどうでもいい話なんですが…😅

1年経過ごとにヘッダー画像変えようと決めてたので、また変えました😅

さらにヘッダー画像用に、公式キャラであるモノカの衣装も新しくしました!

理由は、衣装的に揺れモノがないからヘッダー画像として映えないからです😅

誰も得しない資料 w

ポンチョコートの形状が難解で、わざわざ妻に相談しました…💦

女の人の服って難しいですね😅

 

【読んでいただいた皆様へ】

最後になりますが、いつも支えていただいている皆様、本当に感謝です😭

こうやって私のブログを拝見していただいてる方々の存在が無ければ、今日までこのブログは続かなかったでしょうし、私の絵も少しずつでも上達する事は無かったでしょう。

もはや自分だけの実力では無いと痛感しております!本当にありがとうございます😆

今後も話は長めになってしまうと思いますが、懲りずに拝見していただけたら嬉しいです😊

2年目も一生懸命頑張りますので、今後も宜しくお願い致します😌

 

GWは少し休めましたでしょうか?またいつもの日常に戻りますが、頑張っていきましょうね😄ではまた★

最後まで読んでいただきありがとうございます。ご意見・ご感想などがございましたらお気軽に投稿してください。2年目もイラスト副業を目指して邁進して参りますので、今後も宜しくお願い致します!